<コメ奉行シリーズ@ コシヒカリ判別キット>

コシヒカリ判別キット商品画像


・製品特徴
・対象品種リスト
・製品内容物
・製品仕様

コシヒカリ判別キットは、簡単な操作のみ(PCRと電気泳動)で、コシヒカリか否かを判別できる試薬キットです(対象:107品種)イネの種子(玄米・精米・籾)や葉を用いて、遺伝子レベルでの正確なコシヒカリ判定が可能です。種籾、育種、圃場段階および流通段階での品種の確認にお役立てください。
以下のような用途にお使いいただくことができます。
  • サンプルがコシヒカリであるか否かの確認
  • 他品種の混入有無の確認(注意:混入した品種の特定はできません)

○ 製品特徴

1.SNPsに基づく信頼性の高いコシヒカリ判定

SNPsマーカーを利用しているため、コシヒカリ−コシヒカリ近縁品種との違いも確実に判別できます。(新潟コシヒカリBLは、コシヒカリと判別されます。)

2.PCR増幅ミスを検出

本キットでは、イネ品種であれば必ず増幅されるバンド(コントロールバンド)を含んでいます。(下図:ゲル画像約200bpバンド参照)
コントロールバンドが増幅されない場合、PCRの失敗がすぐに確認できるため(下図:ゲル画像NCレーン参照)、鑑定上の判断間違いを少なくすることができます。

3.マルチプレックスPCR採用で試薬コストの削減

シングルPCRの場合にはプライマー対の数だけPCR反応を行う必要があります。しかしマルチプレックスPCRはそれらを同一反応液内で行える上、1台のサーマルサイクラーで複数検体を同時に処理できるので、解析時間および試薬コストの削減が可能です。

4.2種類のプライマーミックスを使用してさらに正確な判定が可能に

本キットには2種類のプライマーミックス(positive、negative)が含まれています。いずれのプライマーミックスを使用しても、コシヒカリとその他の品種との間で、増幅パターンは異なります。両方のプライマーミックスを使用した判別の結果を照合することで、さらに正確な鑑定結果を得ることができます。

5.作付面積の約95%をカバーする判別可能品種数

国内で栽培されている水稲うるち97品種および糯10品種(計107品種)がコシヒカリと識別可能であり、総作付面積の約95%をカバーしています。

コシヒカリ判別キット ゲル画像

○ 対象品種リスト

下記の107品種については、「コシヒカリではない」と判別されることを確認済みです。


○ 製品内容物

本製品には、PCR120反応分(内訳:2セット×60反応分)のPCR試薬類および電気泳動時に用いる試薬類(サイズマーカーなど)が含まれます。コントロール反応は必ず行ってください。

1.   AmpliTaq Gold
2. 
 GeneAmp 10×PCR Gold Buffer
3. 
 25 mM MgCl2
4. 
 2 mM dNTP mix
5. 
 Primer mix (positive)
6. 
 Primer mix (negative)
7. 
 Control DNA
8. 
 DNA Size Marker
9. 
 電気泳動用 Loading dye

○ 製品仕様

商品名
コメ奉行シリー ズ@ コシヒカリ判別キットver2
Cat.No.
KK-KB-01-02
輸送・保存温度
-20℃
価格
\57,750(税込)

戻る


  Copyright (C) 2007 Plant Genome Center Co.,Ltd.. All Rights Reserved.